リノベーション会社や外壁塗装会社など、多くの企業が成功報酬型以外の料金形態も知りたいと思っているのではないでしょうか。

営業代行業者の料金形態は、固定報酬型や課金制というタイプもあります。

固定報酬型は、営業代行業者に毎月固定の料金を支払う料金形態です。

高い給料を払って能力が高い営業マンを採用しても、自社の風土に合わなければ、やめてしまったりトラブルの原因になったりしてしまうこともあります。

しかし、固定報酬型で依頼をすれば、成果が出なければ契約を切ってしまうだけで済むので、採用リスクは大幅に減らせるでしょう。

課金制は、コール件数に対して支払う料金形態です。

費用は、電話をかける件数×価格となります。

とてもわかりやすい料金設定なのですが、目標となるコール件数をこなすことばかりを意識して、アポがまったく取れないという可能性も出てくるでしょう。

そのため、アポイントの獲得が目的なら、このような課金制の利用は避けるべきです。