リフォームや外壁塗装などの建築関連、生命保険販売などの保険関連、不動産販売や金融関連など、さまざまな業種の営業で電話を活用していることでしょう。

営業代行などでもテレアポを上手く活用しています。

営業の基本ともいうべきテレアポでが、成果を出すためにはどのくらいの回数が必要なのかと気になる人もいるのではないでしょうか。

電話をする相手は、事前にリサーチを済ませておく必要があります。

その上でテレアポをするのですが、目安となる回数や時間は、一般的に1日60回、会話時間はトータル3時間程度です。この程度ならテレアポでの疲労も少ないでしょう。

1日の配分は、午前中に40件程度、午後からは20件程度するのが良いとされています。午前中の回数を多くすることで午後からの折り返しの電話が期待できますし、午後の回数が少ないので精神的負担も軽減できます。

効率良く営業するために日々営業リストの更新を心かけて管理をすることも必要です。

はじめのうちは成果も出ないかもしれませんが、テレアポは回数を重ねるほどに会話も上手くなって成果も出やすくなります。