コロナ禍で社内での感染を防ぐためにも、web会議を導入する企業が増えています。

昔から生命保険の営業では昼休憩などに企業に立ち寄って一人ひとり「保険に入っていますか?」などと営業をする光景がありました。

営業では対面が基本となるため、コロナ禍では感染のリスクが高く、社内で会議をするとクラスターが発生するリスクも高まってしまいます。

web会議ツールを使えば、同じ場所にいなくても顔を合わせることができますし、会議のために帰社する必要がなく、場所の制限がない点も大きな利点です。

営業代行を依頼した場合でも、状況をオンラインで話すことが可能になります。ただインターネット回線によっては会議中に通話が途切れてしまうこともよくあります。

そのため、導入する際には、適切なスペックの環境が必要です。

インターネット環境だけでなく、カメラやマイクも一定の性能が求められます。

ツール選択では、料金設定や参加人数、利用時間の制限、通話時の品質などをチェックすると良いでしょう。

このweb会議ツールでオンライン商談に活用することも可能なので、導入を考えてみてはいかがでしょうか。