コロナ禍により、オンラインでの商談を導入する企業が増えました。

外壁塗装や不動産投資、生命保険など、はじめての利用では緊張する顧客もいます。

そんな人もオンライン商談の利用で、わざわざ企業に立ち寄らなくても、落ち着ける自宅から相談することも可能になりました。

便利なのはわかるけど、対応できるスタッフがいないケースもあるかもしれません。

そんなときは、営業代行を依頼するのも良いでしょう。

オンライン商談をするには相手に不快な思いをさせないためにも、快適に通信ができる光回線が理想ですし、カメラ写りの確認、マイクテストも必要です。さらに、上手く自己紹介をしたり営業トークができるように事前に工夫をします。

ツールによってはトークスクリプトが表示できるタイプもあるので上手く活用します。

このようなツールを使って、仲間同士で何度もシミュレーションをすることでスムーズに商談ができるようになるでしょう。