日本のビジネスでは、挨拶としてまず名刺交換をするというのが当たり前でした。

これは営業で顧客先に訪問したときだけでなく、外壁塗装や太陽光発電の設置現場などでも、初対面のときには名刺を渡すのが挨拶と同じマナーとして定着しています。

営業代行のスタッフも、同様に名刺を渡します。この名刺を渡しておくことで、相手が何か困ったときに思い出してもらえて商談のチャンスとなることも多いです。

しかし、多くの企業でオンライン商談が導入されるようになり、この名刺交換の場が少なくなっています。

そのため、名刺に変わるものとして、QRコードやバーチャル背景などで自己PRする手法が取り入れられるようになりました。

事前に自己PR用のサイトや動画を用意して、QRコードからそのサイトや動画に行けるようにします。画面のバーチャル背景にQRコードを表示すれば、より効果的にアピールできます。

このような方法なら、名刺よりも多くの情報を相手に伝えることができて、相手の記憶に強く残すこともできるでしょう。